学校再開

兵庫県では県立高等学校の再開の判断が下されたそうです。

これに対して反対している方は、自主的に学校を休むという方法もあるかと。

県知事が頼りないのなら、自分自身の判断に責任を持って行動をすればよい。

生殺与奪の権を他人に握らせるな!と某漫画の某キャラが言っていたが、自分の人生の決定権を他人に委ねている限り全て他人のせいにして生きていくことになる。

そんな生き方でいいのか?

知事の判断に従いたくないのなら自己都合で学校を休めばよい。

その間、自分自身で全て勉強をすればよい。子供にさせればよい。

それと、兵庫県知事を当選させたのは兵庫県民であることを知っておいた方が良い。

知事一人のせいではなく、知事を当選させた大人の責任である。

そして、兵庫県の投票率は40%をわずかに超える程度だった。

投票をしなかった残り60%の人間は知事の判断に批判をすることすら許されぬことを知っておくべきだ。

権利を行使せず自分の都合によって知事に文句を言うのはガキ以下だ。文句を垂れる前に投票へ行け。被害者ぶるな。

政治に無関心な人間は自分の命、家族の命すら守れないことを学ぶのが良いだろう。

でも、井戸知事は兵庫県全域で一斉学校再開とは言ってないみたいだけどね。

地域に応じて再開をさせていくと言ってるみたいだけど、そう言うところも理解して批判してるのかねぇ?

この記事へのコメント