君に謝りたい

私は過去に、好きな女性が居ました。その女性とはネットゲームで知り合い毎日のように遊んでました。

ゲーム内で仲良くなったみんなとオフ会をしないか?という話になったけど、男が多い中彼女を誘うのは勇気が要ったし、断られても仕方がないと思ってた。

実際、断られた。でも自分はなぜか安心した。

その後仕事の都合でゲームにログインできなくなり、彼女とは遊ばなくなった。

それから数年後、再び同じゲームにログインすると彼女がその時も遊んでいたので『久しぶり~』と声を掛けてまた以前のように仲良く遊ぶようになった。

彼女と会話をしているうちに『俺くんが居ない間にゲーム内で知り合った人とリアルで会ったんだけど酷い目に遭いそうになって怖くなってね』という話になった。

私は凄く悔しい思いになった。

自分の時は会ってくれなかったのに、なぜ他の男と会ったのかと。彼女は車いす生活を送っていて、男性に襲われそうになって本当に怖かったと言ってた。

どうしてそんな人間と会ったんだ?と彼女を責めた。彼女は『俺くんなら私の事を優しく包んでくれると思ったのに』そう言った。

私はさらに『どうせ車いすの生活をしてたなんて嘘だったんだろ?そうやって人の気持ちを引こうとしてたんだろ?』と今思えばとんでもない言葉のナイフで彼女をめった刺しにしてしまっていた。

彼女は画面の向こうで涙を流して『なんで俺くんはそんなひどいことを言うの?信じられない・・・』と思っていたと今なら想像できる。

その時は自分の気持ちだけしか考えられなかった。

もしまた君に会うことができたのならこのことを謝りたい。でももう二度と会うことは無い。

この記事へのコメント