トレインミッション 黒幕 誰?

トレインミッションがテレビで放送されるということで、

アマゾンプライムビデオで先に視聴しました。

で・・・。

黒幕は結局明かされることなく終わってしまいました(;・∀・)

マイケル・マコーリーを脅していたジョアンナは

おそらく警官に復帰したマイケル・マコーリーに逮捕されたと思われる。

ジョアンナは国家さえも動かせるとかどうとか言ってたけどそれは結局誰なのか。

マーフィーが『マイケル、崇高な人間なんていないんだぞ』を口にしたとき

こいつがやったんだなと分かったけど結局それどまりだったし、

それ以上の黒幕が出てくることは無かった・・・。

FBI捜査官を殺せるとなれば、国家を牛耳る存在しか想像がつかないが

その存在がなぜエンリケ殺しの目撃者を消さなきゃならなかったのかの種明かしがされていない。

結局、脚本家が言いたかったことって『身を挺してでも正義を貫け』ってことだと思う。

プリンが自分が目撃者と名乗り出た時、

みんながプリンをかばって自分がプリンであると名乗り出た。

この場面こそが脚本家がみんなに訴えたかったことだと考えられる。

見どころ、ここしかなかったし・・・w

なんかこう・・・作品としては今一つだったかな?というのが正直な感想。

この記事へのコメント